法律 留保み

ビル

採用内定取消について使用者側と争う場合の争点について

使用者側と労働者側とのトラブルは年々増加傾向にありますが、労働関係に入る手前での争いというものもまた存在します。これはいわゆる採用内定取消の問題であり、新卒、中途を問わず、出された内定が取り消されたというトラブルは少なくありません。取り消された者としては納得いかないので法的措置を検討することになるわけですが、相手方を訴えるにあたり、争点について理解しておく必要があります。代表的な争点としては、内定取り消しの合理性と社会的相当性が挙げられます。法律上、内定の取り消しを規制したものはありませんが、過去の判例において、採用内定の状態であっても、就労始期付解約権留保付の労働契約が成立しており、解雇ほどではないにしても、取り消すにあたっては客観的合理性と社会通念上の相当性が必要である、と言う考え方が定着しているのです。なお、内定取り消しの合理性と相当性は使用者側が立証しなければならない為、理由なく取り消しを行った場合、使用者側はかなり不利になると考えられます。