革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

法律 留保

ビル

採用内定を出す際に気を付けること

新卒採用もしくは中途採用のいずれにおいても、この人を採用したいと決定した場合には、口頭ないしは文書にて、本人に対して採用の内定を通知します。多くの場合、本人が内定を辞退しない限りは晴れて就労開始となるのですが、時には社長の心変わり等によって、一度出した内定を取り消してしまうケースがあります。社長にしてみれば、まだ勤め始めた訳ではないから取り消しは自由に出来ると思っている訳ですが、仮に取り消された人から訴えられた場合には法的にどう判断されるのでしょうか。採用内定の取り消しに関しては、法律上に何の規定もありませんが、過去の判例において、採用内定は就労始期付解約権留保付の労働契約が成立している状態であり、これを取り消すことについても客観的に合理性があり、社会通念上相当であることが必要である、となっております。従って、翻意など安易な理由によって内定の取り消しを行った場合には、相応の法的リスクが伴うことを理解しておく必要があります。

ライジングブル

株式会社ヤマダ電機

株式会社ヤマダ電機

アリックス

自由が丘で記念に七五三写真

法律 留保関連情報

試用期間の法律上の位置づけは、条件付き解雇権留保付き雇用契約

一般的に、会社に雇われる際には試用期間というものがあります。期間は様々ですが、大体3ヶ月くらいの会社

採用内定取消について使用者側と争う場合の争点について

使用者側と労働者側とのトラブルは年々増加傾向にありますが、労働関係に入る手前での争いというものもまた

二つの意味があるとされる法律の留保

留保という用語は、今のままの状態を保持しておくことと法を適用除外にするか一部除外にするという意味があ

従業員の試用期間で気をつけないといけないこと

従業員を採用した場合、一般的には試用期間というものを設定します。試用期間とは文字どおり試しで雇用する